×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ローマの天使 アレッサンドロ・モレスキ

▲TOPへ戻る

 
19世紀の終わり頃ヴァチカンの礼拝堂を訪れた音楽史家、
エンリコ・パンツァッキ(1840-1904)の言葉――

「何とすばらしい歌い方だろう!
 フルートのもつ甘美さに、人間の声の生き生きとした心地良さが結びついているようだ。
 空高く舞うひばりのように、軽々と自然に何度も舞いあがる。感情がそのまますぐに音に移され、魂が感情の翼にのって無限に昇ってゆくような声。
 私の全存在が満たされたのは、声区の移行が完璧で音色が変わらないから、ではない。静かで甘く、厳かで豊かに響く音楽のためだ。
 実に優雅な感情の力に感動したのだ」

  (アンガス・ヘリオット著『カストラートの世界』より)


『アヴェ・マリア』バッハ/グノー作曲(1904年録音)



動画投稿者の説明によると、「truesound transfers」の音源をもとに、録音時に失われたことが明らかである高音域の周波数帯を、WAVESのプラグインで付加したそうです。
「truesound transfers」より更にノイズが少ないように聴こえます。
ノイズの中にも音楽の成分が含まれているから、むやみに除去するべきではないとも言われますが、やはりノイズ・リダクション済みのほうが聴きやすいです。
 

年表

1858年 ローマ近郊の町、モンテ・コンパトリに生まれる。
1873年 サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の第一ソプラノに任命される。
1878年 イタリア王国初代国王、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の葬儀で歌う。
1883年 システィーナ礼拝堂聖歌隊に採用され、のちにソリストを任命される。
1900年 イタリア王国2代目国王、ウンベルト1世の葬儀で歌う。
1902年
1904年
レコーディングを行う。
(この音源は現在CD化され1枚のアルバムとして発売されている)
1913年 システィーナ礼拝堂聖歌隊を引退。サン・ピエトロ大聖堂の聖歌隊に招かれる。
1914年 現役をしりぞく。
1922年 ローマで死去。

このサイトについて

リンクフリーです。リンクしていただける際に連絡なども必要ありません。
このサイトの内容には著作権がありますので、引用等されるときはサイト名とURLをご記載ください。
管理人ヴェルヴェッティーノはイタリアの国立音楽院に通う古楽科の学生です。
学者でもプロの音楽家でもありませんが、あたたかく見守ってやってください。


人生について 録音について モレスキ写真集 教会音楽とカトリック イタリア近代史