×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ローマの天使 アレッサンドロ・モレスキ

/* 上へ戻るボタン */

▲TOPへ戻る

ドメニコ・マンチーニとは

マンチーニ

ドメニコ・マンチーニは1891年生まれのカウンターテナー歌手で、コントラバス奏者。

 

有能なボーイソプラノだった少年時代、モレスキの指導を受けている。
変声後もファルセッティストとして学ぶため、当時のシスティーナ礼拝堂指導者ペロージの門をたたくが、モレスキの発声法を身に付けていたため、カストラートと間違われて入門を断られたという話が有名。
だがニコラス・クラプトンは、ペロージが、若いファルセッティストとカストラートの声を識別できなかったというよりは、旧来のスタイルで教育された歌手を入門させたくなかったからではないかと書いている。
音楽院ではコントラバスを専攻し、卒業。
40代後半となった1939年から1959年までの20年間、システィーナ礼拝堂聖歌隊員。

 

写真は1956年に撮影された、60代のマンチーニ。


2)インタビュー音声

1967年、マンチーニは長いインタビューを録音しており、この中でモレスキとの出会い、それからレッスンに関する話を披露している。


人生について 録音について モレスキ写真集 教会音楽とカトリック イタリア近代史